イクメンの子育て

イクメンというのは、育児を積極的に行うメンズ(男性)の略です。
ちなみに、10月19日は「イクメンの日」だそうで、「10(とう)さん」と「19(いく)じ」という語呂合わせからきています。


しかし、どこまで育児に参加するかは、各ご家庭で異なります。
子供のおむつを替えたり、お風呂に入れることなどはお父さんが担当しているかもしれませんが、子供が泣いてるときにあやしたり、子供が保育園で熱を出したときなどに、仕事を休んでまでお迎えにいくのは夫ではなく、妻の方ではないでしょうか。


完全に夫婦平等で、一週間のうち3日間は夫が子供の面倒をみて、3日間は妻が子育てして、休日は二人で子供の世話をするというのであれば、本物のイクメンということが言えるでしょう。
気の向いたときだけ子供の面倒をみるのでは、イクメンとは呼べません。


妻が夫にお願いしたい子育ては、「寝かしつけ」だそうです。
理由は、子供がなかなか寝てくれないからです。
次の日、会社に早く出勤しなければならない仕事などがある場合は、寝不足で出勤しなければならないようなことになりかねません。
そんなときに、夫か妻のどちらかが子供を寝かしつけてくれれば助かるでしょう。


子育てで重要なことは、妻が忙しいときは夫が代わりにがんばれるかどうかにかかっています。
妻が手いっぱいなときに、「自分は仕事が忙しい。
育児は女の仕事だろ」などと言って妻に押しつけると、イクメン失格ということになってしまうのでしょう。

Copyright © 2014 目指せイクメン!パパと子育て All Rights Reserved.